台風被害で保険申請するポイント!減額されないために

台風被害の火災保険 保険

台風被害の火災保険

保険請求はプロに任せて被災認定【無料調査

台風被害の保険請求

台風で家が壊れた場合って保険で直してくれるの?

些細な被害でも多額の保険金がおりる場合がありますよ

台風保険には入ってないんだけど・・・

約9割の火災保険は、火事以外【雪・雨・風・雷】の被害に適用できるんです。

少し壊れただけなんだけど・・・

保険がおりるために被害が大きいか小さいかは関係なくて、原因が重要です。

被害の原因が保証範囲内のものだと保険会社に判断されれば、被害が出た場所の現状復旧費が支払われます。

車の保険みたいに等級が変わって保険料が上がったりしないの?

火災保険は車みたいな等級制度ではないので、保険料は一切上がらないです。

 
・台風被害は約9割の火災保険が適応される
・台風で家の被害が小さくても大丈夫
・保険を使っても保険金額は上がらない

 

台風被害の相談

火災保険って簡単に申請できるの?

残念ながら、火災保険を個人で申請するのは難しいポイントが多くあります。

適切でないポイントがあると、申請が却下されたり、保険料が減額されてしまったりすることもあります。

なんか面倒くさそう・・・

火災保険の請求をサポートしてくれるサービスがあるから、そこに任せるのが簡単で安心です。

無料で調査してくれて、実際に保険金がおりたときに成果報酬として保険金の一部を支払う仕組みになっています。

 
・火災保険の申請は難しいポイントがある
・保険請求をサポートしてくれる保険相談センターがある
・無料で調査してくれる
・料金は保険金がおりたときのみ一部を成果報酬として支払う

 

台風被害の火災保険

保険請求はプロに任せて被災認定【無料調査

 

台風被害の保険申請が難しいポイント

どこに注意して台風被害の保険申請すればいいの?

まずは自分で保険申請してみもいいですが、証拠を残し忘れたりすると請求できなくなるので注意が必要です。

 

火災保険申請が難しい7つのポイント

1.被災箇所を探すために屋根に登って調査しなければならない
2.傷が被災によるものか、経年劣化によるものかの判別が必要
3.被災箇所を適切な角度で写真撮影する必要がある
4.申請可能な箇所を見落としてしまうことがある
5.具体的にいつどの災害によって生じたものかを特定しなければならない
6.被害に見合った適切な額の見積書を作成しなければならない
7.保険会社や鑑定人とのやり取りを正確に行わなければならない

 

台風被害の保険申請の7つのポイントを見ているだけで、面倒くさそうで申請するのをやめようかなって気になりますね。

分からないことや、面倒くさいことってついつい後回しにしてしまいがちなのですが、それが保険申請にとってはダメなんです。

すぐに行動しておかないと、きれいに掃除したり、いつの被害なのか分からなくなる可能性があります。

仕事で忙しいし、保険相談センターに任せるのが楽だし安心だね

保険申請を任せれるだけでなく、どうしたらいいのか不安に思うことも相談にのってもらえるので安心です。

 

台風被害の家

台風被害にあった一戸建て(一軒家)の家やマンションでの「雨漏り」や「屋根瓦」で、多額の保険金がおりています。

台風保険で雨漏り

台風被害の保険雨漏り

家の築年数:26年
台風被害:雨どいの金具
保険金:86万円

台風保険で家

 

家の築年数:32年
台風被害:雨どいの
保険金:142万円

台風保険で屋根

台風被害の保険屋根瓦

家の築年数:12年
台風被害:屋根の瓦
保険金:114万円

台風保険でマンション

場所:世田谷区
マンションの築年数:23年
保険金:600万円

台風保険でビル

場所:杉並区
ビルの築年数:33年
保険金:1200万円

台風被害の写真

台風被害の写真を残しておくことはとても大切です。片付ける前に絶対に写真を撮影しておきましょう。

保険申請するのに、どのような写真が必要なのかは「保険相談センター」に問い合わせるのが確実で間違いありません。

台風被害の請求

保険金を請求するための手続きが必要で、見積書の作成などが必要です。

台風の落下物被害

台風の落下物による被害は、保険適応なのかどうかは加入している火災保険にもよりますので、保険会社に確認しましょう。

 

台風被害の火災保険

保険請求はプロに任せて被災認定【無料調査

 

>>保険相談センターのポイント<<

無料で調査と申請サポート
・保険金がおりた場合にのみ保険金の一部を成果報酬として支払う
・調査の結果、申請できる箇所がない場合は無料
・保険金がおりなかった場合は無料
・4,000件以上のサポート実績
・ほぼ日本全国に対応
 

台風被害の保険金取得までの流れ

STEP1:台風の被害状況調査と写真撮影
STEP2:保険会社への提出書類と修理費用の見積もり作成
STEP3:保険会社による現地立会い調査
STEP4:保険会社から被災認定通知
STEP5:保険会社から口座へ入金

 

台風被害で無料調査してもらって良かった

ぱっと見で外から台風被害が見当たらなく、保険申請できる箇所はないと思っていたけど、どうせ無料なので保険相談センターに調査してもらったら、雨どいの変形がいくつかあって保険金がおりました。

被害がないし、調査する必要なんてない。

そう考えている人にこそ知ってもらいたいサービスです。

 

半信半疑でしたが、保険相談センターに調査依頼してみると、自分では気づいていない台風被害の箇所がみつかりました。

火災保険って火災以外にも使えるなんて知りませんでした。

おりた保険金で家族旅行にでも行こうと思っています。

 

マンションとアパートの経営をしていて、無事に台風被害の箇所を修理できキレイになったので入居者が決まりました。

保険相談センターでは、受け取り漏れしている保険金をおろす手助けをしてくれて助かりました。

 

 

[台風被害] ブログ村キーワード
[台風の被害] ブログ村キーワード
[台風雨漏り] ブログ村キーワード

コメント