大衆演劇 大阪新世界の浪速クラブで劇団花吹雪の公演を観劇

大衆演劇 劇団花吹雪

知り合いに「すごくイイよ」と勧められて、大衆演劇をみてきました。

大衆演劇って言われてもピンと来なかったのですが、

知り合いは、月に20公演も見に行くとの事なので、そんなにおもしろいんなら1回行くっきゃないでしょって事で、大阪の新世界にある浪速クラブという劇場で大衆演劇をみてきたので、レビューします。

大阪 新世界 通天閣

大衆演劇大阪通天閣

ザ・大阪という場所ですねw

通天閣のすぐ近くに大衆演劇の劇場があります。

大衆演劇 劇場

大衆演劇大阪劇場

この写真は、大阪の新世界にある朝日劇場です。

私はここよりも少し北にある浪速クラブに行きました。

スポンサーリンク

大衆演劇 チケット料金

大衆演劇大阪チケット料金

浪速クラブの劇場前に、このような自動販売機があり、チケットを購入します。

なんとなんと!

 大人1人 1,400円です  ヮ(゚д゚)ォ!

すごいリーズナブルです。

舞台を観に行ったら、5,000円はしますからね。

浪速クラブ 劇場の様子

大衆演劇大阪浪速クラブ

開演の30分前ぐらいに行ったのですが、もう7割の席が埋まっていました。

客席数は190席あります。この日は、補助席に座って見る人がいるぐらい大入りでした☆

良い席で観たいなら、1時間前から行くか、予約ができるみたいです。

しかし、アナログなシステムなので、インターネットで予約とかはできないですw

ご覧の通り、60代~80代ぐらいの方がほどんどです。

若い女の子がチラホラいました。

スポンサーリンク

劇団花吹雪

私が観た大衆演劇は、劇団花吹雪の公演です。

知らなかったですが、大衆演劇の劇団ってすっごいいっぱいあるんですね。

1ヶ月ぐらい公演をしては、また違う場所に移動し、日本中を回っているみたいです。

第一部 ご挨拶

大衆演劇劇団花吹雪

歌や踊りがあり、すごい華やかです。

ライトアップもすごくて、大衆演劇というよりはショーを見ている感じです。

初めての方は、圧倒されます!!

40分ほどあり、その後15分休憩があります。

劇場内のトイレはキレイですが、女子トイレはすごい並ぶので要注意です!

第二部 お芝居

大衆演劇劇団花吹雪芝居

時代劇です。

生は迫力があって見応え充分です!

何より距離がすごい近いのが嬉しいです。

お芝居は、アドリブも混ぜて笑いをとりながらも、感動させてくれます。

もっと固い感じなのかなと思っていましたが、声を出して笑うぐらいおもしろいですよ(*^^*)

約1時間のお芝居の後、15分の休憩がありました。

第三部 舞踊ショー

大衆演劇桜春之丞

座長が桜春之丞(さくらはるのじょう)という方なのですが、ビックリするぐらいキレイです!

もちろん男性なのですが、街中でいる女性の中でAランクに入るぐらいの美女?でしたw

完全にプロフェッショナルで、妖艶な動きに悩殺されましたv(´∀`*v)

男の時は、男らしくカッコイイんです。

だけど、女型になると、とたんに仕草や雰囲気が色っぽい女性でした。

このセクシーさは、世の女性は観に行って勉強した方がイイです。

大衆演劇劇団花吹雪大阪

最後は役者さんが総出でエンディングです。

これがまたおもしろいんです。

コミカルな動きに、コミカルな表情w

約1時間の舞踊ショーでした。

悪い姿勢が原因で
子供の運動能力と学力が低下しています!!

大衆演劇 感想 口コミ

大満足です!すっごい楽しかったです!!

これはきっと大ブームになる日も近いと思います。

決してお年寄りの方だけが観て楽しいものではないです。

若い人も充分に楽しめるエンターテイメントですよ♪♪

特に若い女性は、イケメン座長にハマるかもしれませんw

公演が終わってから、外でお見送りしてくれますので、一緒に写真を撮ったり会話をしたりできます。

テレビでしか見れないの有名人と違い、すごく距離が近いので、ファンになってしまいます。

テレビに出てたりする有名な方達なんですけどね☆

大衆演劇を観たことがない方がイメージしているものと全然違って、若い人もすごく楽しめるエンターテイメントなので、ぜひ一度大衆演劇を観に行ってみてください。

3時間たっぷり楽しめて1,400円!

コスパも最強です。

追っかけの人は、毎日見に行くそうですw

でも、その気持ち分かります。

毎日、違う公演内容ですから Σ(゚Д゚)

スゴイでしょ??

毎日違うお芝居してるんですよ。

すごい記憶力とプロ根性です。

大衆演劇の人気が爆発する日は、すぐそこまで来ているに違いない!

宅配クリーニング
ワイシャツ180円が最短2日
ダンボールに詰めて送るだけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする