デリケートゾーンの黒ずみケア そのままで大丈夫?美白成分や商品ごとの特徴をまとめました

デリケートゾーンの黒ずみトップ画像

デリケートゾーンの黒ずみを気にしている方が増えています。

今まであまり注目されていなかったデリケートゾーンですが、全身脱毛する人が増えたことでデリケートゾーンが見えやすくなり、デリケートゾーンの黒ずみケアをする人も増えています。

海外ではデリケートゾーンまで全身脱毛している人が多く、デリケートゾーンの黒ずみケアは日本よりも浸透しています。

海外ではアンダーケアはもはや常識です。日本でも海外セレブに影響されてどんどん西洋化が進み、日本でもアンダーケアをする人がどんどん増えています。

このページの下にアンケート結果を載せていますが、74.9%の方がデリケートゾーンのケア用品を使用したことがあると回答しています。

もし、黒ずみが気になっているけどケアをまだ始めていないのなら恥ずかしい思いをする前に黒ずみケアを!

4人いたら1人は「黒ずみ」が気になっています。

デリケートゾーンの黒ずみケア

黒ずんでいる状態というのは、肌がダメージを受けて過剰にメラニンが発生している状態です。

よくこすれる部分や、体重をかける膝や肘が黒ずみやすいことで有名です。

下着やナプキンなどの摩擦や、蒸れによりデリケートゾーンは肌ストレスが多く黒ずむ原因が多い場所です。

デリケートゾーンの黒ずみケアは、まずは肌のダメージを回復させることが重要です。

デリケートゾーンのメラニン生成を抑えながら肌を整える

▶ 肌荒れを防止して肌を整える「グリチルリチン酸2K」

▶ 黒ずみをケアして美白する「トラネキサム酸」

この2つの薬用成分で黒ずみをケアしてきれいな肌をサポートするデリケートゾーンの黒ずみにお悩みの方におすすめのケアクリームがあります。

⇒ デリケートゾーン対策クリーム

デリケートゾーンが黒ずむ原因

肌が黒ずむ原因は「メラニン色素の沈着」「皮脂」「古い角質の汚れ」「詰まり」などが主ですが、部位によって異なる原因があります。

バストトップは「加齢」「妊娠・出産」「授乳」などが黒ずみの原因になります。

デリケートゾーンは「加齢」「ホルモンバランスの乱れ」「下着や生理用品などの摩擦」などが陰部が黒ずむ原因になります。

「摩擦などの刺激」が黒ずむ原因になることから、遊び人と思われるなどパートナーへ悪い印象を与えるのではないかと心配しケアされる方も少なくありません。

大きく分けると、黒ずみの原因は4つあります。「メラニン」「ターンオーバーの乱れ」「ホルモンバランス」「妊娠・出産」により黒ずむ原因を知ることで対処できる部分があります。

1.メラニン

日焼けメラニン

下着や生理用品などで陰部に摩擦が起き、肌がそれを保護しようとメラニン細胞の働きが活発になり黒ずむ原因となります。

紫外線により日焼けもメラニンが生成される原因になります。

また、年齢を重ねることでも黒くなっていきます。

2.ターンオーバーの乱れ

ターンオーバー

ターンオーバーとは肌の新陳代謝のことで、通常は28日周期で細胞が入れ替わっていきますが、様々な原因により周期が早くなったり遅くなったりします。

ターンオーバーの周期が早くなると未熟な肌細胞が表に出てきてしまうので、バリア機能が未熟なので敏感肌になったり、刺激に弱くなります。

逆にターンオーバーの周期が遅くなると古い肌細胞が剥がれ落ちずに残っているので、ガサガサした肌になります。いわゆるアカが溜まった状態ですので、黒ずみの原因になります。

肌細胞が入れ替わっていくことで黒ずんだ細胞が剥がれ落ちて、新しい肌細胞が生成されて表に出てくるので、だんだんと肌の黒ずみが薄くなっていきます。

日焼けした小麦色の肌がだんだんと薄くなっていくのはターンオーバーの働きです。

肌細胞が正常に育ち働くように栄養をプラスしたり、保護することでターンオーバーの周期を正常に戻していきます。

3.ホルモンバランス

ホルモンバランスが乱れると肌のターンオーバーが正常に行われなくなる可能性があります。

女性はホルモンバランスが乱れると様々な症状が現れます。体調が悪くなったり血流が悪くなったり・・・

そうしたことが原因で肌の透明感が失われていくことがあります。

4.妊娠・出産

妊娠出産ストレス

妊娠や出産をするとデリケートゾーンだけでなく、他の部分まで黒ずむといったケースがあります。

他の部分はターンオーバーによりだんだんと黒ずみが薄くなり元に戻っていきますが、デリケートゾーンは出産で大きなストレスがかかりますので黒ずみが薄くなりにくい場所です。

黒ずみの原因まとめ

黒ずむ原因をできるだけ排除していくことで、まずは黒ずまないように生活していくことが大切ですが、何も特別なことをしているわけでなく普通に生活しているだけでも黒ずんでしまう原因があります。

そればかりか、年齢を重ねていくことでだんだんと黒ずみが薄くなりにくくなっていくので、黒ずみが薄くなるペースよりも黒ずむペースの方が勝っていると、黒ずみが進んでいきます。

何もケアせずにいるとだんだんと黒ずんでしまいやすいので、黒ずみケアをすることが大切になってきます。

顔の肌はケアしているのに、デリケートゾーンはケアしない・・・なら黒ずみは仕方ないですよね。デリケートゾーンのケアをしていないことが格好悪い。デリケートゾーンのケアをしていることがカッコイイ。そんな時代になっています。

⇒ デリケートゾーン対策クリーム

デリケートゾーンの黒ずみケア商品ランキング

デリケートゾーンの黒ずみケアで大切な美白成分です、その中でも効果が高いおすすめの美白成分がトラネキサム酸です。

トラネキサム酸は皮膚科で処方薬として用いられています。

いくら価格が安くても、効果が出ないと意味がないので、美白成分を第一条件に、価格、容量、継続条件を考慮してランキングにしました。

No.1 ホワイトヴェールディープクリアジェル(WHITE VEIL)

★★★★★

ホワイトヴェールページ

▶美白成分
トラネキサム酸
グリチルニチン酸2K
▶医薬部外品
▶無添加
パラベン・アルコール・合成着色料・合成香料・紫外線吸収剤フリー
▶内容量
40g(約1ヶ月分)
▶初回購入
3,780円(税込)
定期購入(3回継続条件)

⇒ 公式サイトはこちら

No.2 イビサクリーム(Ibiza)

★★★★★

イビサクリームページ

▶美白成分
トラネキサム酸
グリチルニチン酸2K
▶医薬部外品
▶無添加
パラベン・アルコール・着色料・合成香料・鉱物油フリー
▶内容量
35g(約1ヶ月分)
▶初回購入
4,827円(税込)
定期購入(2回継続条件)

⇒ 公式サイトはこちら

No.3 ヴィエルホワイト(VL WHITE)

★★★★

VL WHITEページ

▶美白成分
トラネキサム酸
▶医薬部外品
▶無添加
パラベン・シリコン・着色料・紫外線吸収剤・動物性原料フリー
▶内容量
35ml(約1ヶ月分)
▶初回購入
4,741円(税込)
定期購入(4回継続条件)

⇒ 公式サイトはこちら

No.4 ホスピピュア(HOSPIPURE)

★★★★

ホスピピュアページ

▶美白成分
トラネキサム酸
▶医薬部外品
▶無添加
パラベン・アルコール・着色剤・香料・シリコンフリー
▶内容量
30g(約1ヶ月分)
▶初回購入
4,860円(税込)
定期購入(3回継続条件)

⇒ 公式サイトはこちら

No.5 ハーバルラビット(Herbal Rabbit)

★★★

ハーバルラビットページ

▶美白成分
グリチルリチン酸2K
▶医薬部外品
▶無添加
アルコール・着色料・シリコン・石油系界面活性剤フリー
▶内容量
35g(約1ヶ月分)
▶初回購入
4,590円
定期購入(2回継続条件)

⇒ 公式サイトはこちら

No.6 ホワイトラグジュアリー(WHITE LUXURY)

★★★

ホワイトラグジュアリーページ

▶美白成分
グリチルニチン酸2K
▶医薬部外品
▶無添加
パラベン・アルコール・着色料・香料・鉱物油・石油系界面活性剤フリー
▶内容量
25g(約1ヶ月分)
▶初回購入
5,980円
定期購入(3回継続条件)

⇒ 公式サイトはこちら

デリケートゾーンの黒ずみケア商品のランキング解説

デリケートゾーンの黒ずみケア商品を多数リサーチし、情報を集め調べてきました。

その知識を活かして選ぶならば美白成分のトラネキサム酸が絶対条件です!

それにプラスして、グリチルリチン酸2Kが含有されているものがさらにおすすめです。

トラネキサム酸

皮膚のシミや肝斑の改善にも(保険内で処方はできませんが)、皮膚科や美容外科にて処方される事は少なくありません。

安全性が高いことも処方しやすい理由の1つでしょう。

引用元:https://druginformation-clinic.com/transamin/

グリチルリチン酸2Kの効果・効能

・別名や類似名
「グリチルリチン酸ジカリウム」や「グリチルリチン酸二カリウム」「カンゾウエキス」「甘草エキス」

優れた抗炎症作用を持ちながら、肌への刺激が少ない成分として、医薬部外品の薬用スキンケア製品、シャンプーや育毛剤、歯みがきなどの有効成分として、更には一般化粧品の配合成分として、現在市場で最も汎用されている成分の一つとなっています。

引用元:http://www.maruzenpcy.co.jp/jiten/ke/k/guritiruretin2k.htm

トラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kが配合されている商品

「トラネキサム酸」と「グリチルリチン酸2K」の2つが含有されている商品が「ホワイトヴェール」「イビサクリーム」の2つです。

この2つの商品うちおすすめなのが「ホワイトヴェール」です。

なぜかというと、昨年から話題の飲む日焼け止めの「ホワイトヴェールサプリ」がもらえるのと、「イビサクリーム」と比較して容量が40gと5g多くて、さらに価格も1,047円安くなっています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>ホワイトヴェールディープクリアジェル公式サイト<<

「デリケートゾーンのケア」に関する意識調査

10代~40代女性13,989名のWEBアンケート結果(2014年実施)

1.デリケートゾーンのケアについて「関心がある」もしくは「使用したことや実施」したことがありますか?

・「関心がある94.7%
・「使ったことがある」74.9%

デリケートゾーン関心アンケート

ほぼ全ての女性がデリケートゾーンのケアに関心があり、4人中3人の女性がデリケートゾーンのケア用品を使用したことがあると回答しています。

2.これまでにデリケートゾーンについて、悩んだことや気になったことはありますか?

・「ある」92%
・「ない」8%

デリケートゾーン悩みアンケート

90%以上の女性がデリケートゾーンについて悩んだことや気になったことがあると回答しています。普段は口にはしませんが、ほとんどの方がデリケートゾーンのことを気にしています。

3.デリケートゾーンについて、どのようなことが気になりましたか?あてはまるものを全てお選び下さい。(複数回答可)

・「かゆみ」79.2%
・「におい69.0%
・「おりもの」58.8%
・「ムレ」52.1%
・「かぶれ」51.3%
・「汚れ」32.0%
・「べたつきなどの不快感」31.4%
・「黒ずみ24.8%
・「痛み」12.8%
・「乾燥」4.1%
・「その他」1.4%

デリケートゾーン悩みの種類アンケート

2014年のアンケートですでに4人中1人の女性がデリケートゾーンの「黒ずみ」が気になっていると回答しています。アンダーヘアーの処理が一般的になってきた2017年はもっとたくさんの方が「黒ずみ」を気にするようになっていると推測されます。

4.デリケートゾーンの悩みや気になることについて、家族や友人など周りの方に相談したことはありますか?

・「ある」21%
・「ない79%

デリケートゾーン悩みを相談アンケート

ほとんどの方がデリケートゾーンのことが気になっているのに、周りの方に相談できずにいます。デリケートゾーンのことで相談しにくいからこそこのサイトで詳しく解説しています。

参照:http://www.unicharm.co.jp/company/news/2014/1195337_3930.html

ホワイトヴェールディープクリアジェルの口コミ

ツイッターでの口コミ

ありませんでした。

インスタグラムでの口コミ

まだ発売されたばかりで認知度低くてあまり口コミがありませんが、日焼け止めサプリで大ヒットした「ホワイトヴェール」のデリケートゾーンの黒ずみケアクリームなので、これからどんどん認知度が上がり口コミが増えてくると思います。

詳しくは ⇒ ホワイトヴェールディープクリアジェル公式サイト

イビサクリームの口コミ

ツイッターでの口コミ

インスタグラムでの口コミ

このようにデリケートゾーンの黒ずみケアをし始めている方がいます。

まだ商品が発売され始めて期間が短いので効果の有無の口コミは少ないですが、美白成分として「トラネキササム酸」と「グリチルリチン酸2K」が入っているので期待できます。

詳しくは ⇒ イビサクリーム公式サイト

医薬部外品とは?

医薬部外品を説明するには、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」が区別されていることを知っておく必要があります。

薬事法という法律により取扱いが決められています。

医薬品

病気(疾病)の診断や、治療や、予防に使用することを目的とした薬のことで、有効成分が配合され効果・効能・安全性が厚生労労働省に認可されているもの。

医薬部外品

積極的に治療に用いられるものではなく、吐き気等の不快感、あせも、ただれ等の防止を目的として使用されるもの。

また、口臭、体臭、脱毛の防止、育毛、除毛等の美容目的に使用されるもので、有効成分が配合され効果・効能が厚生労働省により認可されたもので、一定濃度で配合され人体に対する作用が緩和なもの。

治療を目的とした薬と違い、容貌や衛生を目的に作られています。

化粧品

人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し容貌を変えまたは、皮膚もしくは毛髪を健やかに保つために使用されることが目的とされているもので、人体に対する作用が緩和なもの。

医薬部外品よりもさらに効果・効能が緩和なもので「清潔にする」「美化する」「健やかに保つ」などを目的に作られています。

医薬部外品まとめ

「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」では基本的に人に及ぼす作用の強さに違いがあります。

一般的に、人に対する有効性の高さは、「医薬品」>「医薬部外品」>「化粧品」となっています。

参照:消費者庁ホームページ(http://www.caa.go.jp/action/counsellor/pdf/131025sanko3.pdf

ヤフー知恵袋での「デリケートゾーンの黒ずみ」関連

ヤフー知恵袋で「デリケートゾーン 黒ずみ」と検索すると約456件のQ&Aがあります。

デリケートゾーンの黒ずみで悩んでいたり、どうやって黒ずみケアをしたらいいのかを気にしている方がたくさんいて、デリケートゾーンのケアが一般的に浸透しているのがよく分かります。

デリケートゾーンの黒ずみの質問に、私の回答を書きました。同じ悩みがあれば参考にしてみてしてください。

「デリケートゾーンの黒ずみ」悩み1

デリケートゾーンの黒ずみについて!

いつの間にかデリケートゾーンが黒ずんでます。なんとかしたくて市販のホワイトニングクリームみたいなのを使ったら荒れてしまって酷い目に遭いました。

(敏感肌です)

黒ずみが出来てしまったら諦めるしかないですか?

引用元:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13157117568

デリケートゾーンの黒ずみ悩み

▶この質問に対する私の回答

普通の部分の皮膚は10層ぐらいあるのに対して、デリケートゾーンの皮膚は薄くて6層ぐらいしかありません。

なので、デリケートゾーンと言われていて、皮膚が薄いため、炎症が起きやすかったり、摩擦やムレに弱かったりします。

美白成分の「トラネキサム酸」が配合されたものがおすすめなのですが、抗炎症作用のある「グリチルリチン酸2K」が配合されたものだと、肌荒れ改善も期待できるので、この2つの成分が配合されたものだと肌荒れの心配が減ります。

特にデリケートゾーンの毛の処理をしていると、脱毛によるダメージや、毛を剃ることにより毛先が鋭利になり肌をチクチクと刺激して肌荒れしやすくなります。

そういう意味でも、抗炎症作用のある「グリチルリチン酸2K」が配合されたものが良いと思います。

「トラネキサム酸」と「グリチルリチン酸2K」の2つが配合された商品は先程のランキングで

1位の「ホワイトヴェールディープクリアジェル」と

2位の「イビサクリーム」です。

「デリケートゾーンの黒ずみ」悩み2

質問です!
恥ずかしい話、デリケートゾーンの黒ずみがきになるので美白のクリームが欲しいのですが、ネットのやつとかは学生なので手が出せません
なので皮膚科に行き、ハイドロキノンを処

方してもらえば…と思いつきました。

ここで質問です。
①そもそも皮膚科に行ったとして処方してもらえますか?
②①でOKなら、理由とかでデリケートゾーンの黒ずみが…と言わなきゃダメですか?
③ハイドロキノンは効果ありますか??

その他アドバイスをいただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

引用元:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10170433475

デリケートゾーンの黒ずみ皮膚科

▶この質問に対する私の回答

①そもそも皮膚科にいったとして処方してもらえますか?

A.皮膚科に行き処方してもらうことは可能だと思います。

あくまで何の薬を処方するかを判断するのは医師なので、違う薬が処方されるかもしれません。

もしかすると、処方してもらえない可能性もありますし、それらを判断するのは医師です。

それと、病気ではないので保険適応にはならず全額実費負担となります。

診察代や薬代などが実費負担となりますのでそれなりの金額を負担することになります。

②①でOKなら、理由とかでデリケートゾーンの黒ずみが…と言わなきゃダメですか?

A.医師にちゃんと理由を説明しないと正しい薬の処方ができないので、言わないといけません。

もし違う部分の黒ずみが気になると言ってしまうと、デリケートゾーンには刺激が強すぎる薬が処方される可能性もあります。

デリケートゾーンの皮膚は他の部分と違い薄いですので、優しい成分のものが良いです。

③ハイドロキノンは効果ありますか??

A.ハイドロキノンは皮膚の漂白剤とも呼ばれていて、美白効果があります。

しかし、ハイドロキノンは刺激が強く、人にもよりますが、ピリピリしたり皮膚がむけたりすることもあります。

なのでデリケートゾーンに用いるのはおすすめできません。

「デリケートゾーンの黒ずみ」に対する質問まとめ

せっかくデリケートゾーンの黒ずみケアをしようとしたのに肌荒れしたり、皮膚科を受診して薬を処方してもらうにはどうしたらいいかなど、デリケートな悩みで家族や友人に相談しにくいので、悩んでいるが解決方法が分からずに困っている方が多いように思います。

人それぞれ、商品によって合う合わないがあると思いますが、それぞれの商品を比較して、自分に合いそうなものを購入して1度使ってみることをおすすめします。

このページのランキングで紹介した商品全て、返品保証があります。

もし、肌に合わなかった場合は返品できますので、いつまでも悩んでいるよりもまずは1度試してみると良いです。

それで悩みが解決して心が軽くなり、1日でも早く、明るく楽しい毎日が過ごせるようになればすごく良いことです。

このサイトの情報があなたの悩みの解決に少しでも役立てばと嬉しく思います。

もう一度、先に紹介したランキングを参考に、商品を選んでみてください。

ここまで読み進めてからランキングを見ると、先程よりも知識が入っているので、また違った見え方をすると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする